学校教育一般
総合学習・生活科教育
国語教育
算数・数学教育
社会科教育
理科教育
体育教育・スポーツ
美術教育・音楽教育
英語教育
10特別支援教育
11心理・カウンセリング
12幼児教育・家庭教育
13高齢者福祉・看護
14一般書・その他

●書籍関連商品

Tel:052-962-3045
Fax:052-951-8886
eigyo@reimei-shobo.com


サイト内キーワード検索


専手必笑! インクルーシブ教育の基礎・基本と学級づくり・授業づくり



関田聖和/著

定価:本体1800円+税
A5判/133頁
発刊日 2018年9月25日
ISBN番号 ISBN978-4-654-02307-3

インクルーシブ教育とは何か、インクルーシブ教育で求められることは何か、様々な子どもたちに対応する各教科の学習支援の手立てを紹介。インクルーシブ教育の必須事項が詰まった一冊。

こんな方にオススメ
・インクルーシブ教育に興味関心のある先生方や親御さん。
・ 「インクルーシブ教育」に取り組む中で、疑問や悩みを抱えている先生方。
・具体例をもとに、実際の教育現場で実践していきたいとお考えの先生方。

目 次
はじめに 

第1章 インクルーシブ教育システムってなあに?
・インクルーシブ教育システムって? 
・インクルーシブ教育システム構築までの流れ 
・通常の学級で求められること 
・障害の捉え方って? 
・「特性支援教育だ」 /他 

第2章 基礎的環境整備と合理的配慮ってなあに?
・基礎的環境整備って? 
・合理的配慮って? 
・合理的配慮には、2つの視点がある 
・障害のある児童生徒が在籍している可能性があることを前提に 
・障害から困難さへ /他 

第3章 専手必笑! 通常の学級における教室環境
・手立ては、あとから。まずは、背景理解 
・授業の構造化 
・座席の構造化 
・板書の構造化 
・視覚刺激・聴覚刺激の調整 /他

第4章 専手必笑! 学級集団づくり
・ルールの明文化 
・当番や係活動を取り組みやすくする 
・みんなちがってみんないい 
・誰もが過ごせる楽しい雰囲気 

第5章 専手必笑! 学習集団づくり
・学級集団と学習集団 
・学習活動に参加できる集団(班、小グループ) 
・学習参加するためのスキルなどを小集団で指導してもらう 
・困難さを感じた時の行動の仕方 
・個別に説明する 
・子どもの話は、傾聴姿勢で 
・視覚化する 

第6章 専手必笑! 困っている子どもへの手立て
国語/社会/算数/理科/生活/音楽/図画工作/家庭科/
体育/外国語/道徳/総合的な学習/特別活動

10秒トレーニング

参考文献
あとがき


著者紹介
関田聖和

1968年兵庫県生まれ。平成3年より神戸市小学校勤務。現在教頭。平成19年度から、特別支援教育コーディネーターを担当。平成22年度より、特別支援教育士(S.E.N.S)。阪神教育サークル「楽笑」、授業道場「野口塾」神戸事務局長、菊池道場兵庫支部メンバー。国語「書く」学習活動と授業づくり・通常の学級での特別支援教育・ICT機器の利活用の3本柱で学級を創ってきた。モットーは、「子どもにとっての最大の教育環境は教師自身である」「他人の不幸の上に自己の幸福を築かない」

TOPページ 書籍関連商品 教育関連情報 会社案内 自費出版のご案内 社員募集 問合せ リンク集