学校教育一般
総合学習・生活科教育
国語教育
算数・数学教育
社会科教育
理科教育
体育教育・スポーツ
美術教育・音楽教育
英語教育
10特別支援教育
11心理・カウンセリング
12幼児教育・家庭教育
13高齢者福祉・看護
14一般書・その他

●書籍関連商品

Tel:052-962-3045
Fax:052-951-8886
eigyo@reimei-shobo.com


サイト内キーワード検索


介護予防のためのウォーキング



中村容一/著

定価:本体1500円+税
A5判/80頁
発刊日 2017年11月10日
ISBN番号 ISBN978-4-654-07658-1

介護予防に役立つウォーキングの方法や取り組み方を、わかりやすく解説します。ウォーキングの必要性と効果、フォーム、強度、時間、頻度、シューズの選び方、ケガの予防と応急処置などがわかります。

こんな方にオススメ
・介護予防のために何か始めたいとお考えの方。
・今ウォーキングをしているが、もっと効果的に、安全に行いたいとお考えの方。
・日常行っている「歩く」という活動を介護予防に役立てる方法を知りたい方。

目 次
はじめに

1章 介護と介護予防
1 介護とは
 介護の定義/要介護になる原因
2 介護予防とは

2章 介護予防におけるウォーキングの必要性とその効果
1 なぜ介護予防にウォーキングが必要なのか
2 ウォーキングを奨める際に必要となる環境整備
3 ウォーキング実践によるさまざまな効果
 体力の改善を促す/減量の効果がある/骨粗鬆症の予防になる/
 ストレスの軽減や脳の活性化を促す/健康寿命を延す効果がある
Column1 ウォーキングはがんを予防する!?

3章 ウォーキングの実際

1 奨めたいウォーキングのフォーム
2 ウォーキングの強度
3 ウォーキングの時間
4 ウォーキングの頻度(回/週)
5 ウォーキングを習慣化するには
6 ウォーキングシューズの種類と選び方
Column2 ウォーキングのフォームは気にしない!

4章 ウォーキング実践における留意点
1 ウォーキング実践前の留意点
 体調のチェック(実践前)/服装のチェック
2 ウォーキング実践中の留意点
 水分補給(実践中)/体調のチェック(実践中)
3 ウォーキング実践後の留意点
 筋肉・関節のケア/水分補給(実践後)

5章 ウォーキング実践における傷害の予防と応急処置
1 内科的な急性障害
2 内科的な慢性障害
3 外科的な急性障害
4 外科的な慢性障害
5 応急(救急)処置
Column3 ウォーキングは「生きること」から「競うこと」まで幅広い!

付録
 ウォーキングプログラム(低体力者用)
 ウォーキングプログラム(中体力者用)
 ウォーキングプログラム(高体力者用)


著者紹介
中村容一

1964年京都市生まれ。
1987年同志社大学卒業後、大塚製薬株式会社にてMR(医薬情報担当者)に10年間従事。2003年筑波大学大学院博士課程体育科学研究科修了。博士(体育科学)。同大学院人間総合科学研究科研究員(COE)を経て、現在、特定非営利活動法人日本介護予防協会理事・専任講師、社団法人ウォーキング協会専任講師、流通経済大学非常勤講師、十文字学園女子大学非常勤講師を兼務。
専門は「中高齢者の健康づくり」「介護予防の運動」「呼吸器疾患患者の運動」。

TOPページ 書籍関連商品 教育関連情報 会社案内 自費出版のご案内 社員募集 問合せ リンク集