学校教育一般
総合学習・生活科教育
国語教育
算数・数学教育
社会科教育
理科教育
体育教育・スポーツ
美術教育・音楽教育
英語教育
10特別支援教育
11心理・カウンセリング
12幼児教育・家庭教育
13高齢者福祉・看護
14一般書・その他

Tel:052-962-3045
Fax:052-951-8886
eigyo@reimei-shobo.com



サイト内キーワード検索


自尊感情を持たせ、きちんと自己主張できる子を育てるアサーショントレーニング40
先生と子どもと親のためのワークブック


リサ M.シャーブ/著
上田勢子/訳


定価:本体2700円+税
B5判/192頁
発刊日 2011年8月20日
ISBN番号 ISBN978-4-654-01862-8

じょうずに自己主張ができるようになると、まわりの人とうまくつきあうことができます。また、からかいにじょうずに対処したり、問題をうまく解決したり、ほんとうの友だちを作ったりすることができます。本書では、教室や家庭、カウンセリングの場で、コピーして子どもが楽しくできる40のアクティビティを通してじょうずな自己主張の仕方を学べます。イラストは日本の読者向けにしてあります。

こんな方にオススメ
・学校の先生方、親、カウンセラーの方。
・まわりの人とじょうずに付き合うのが苦手な子ども自身。

目 次
(つた)えかたの3つの種類(しゅるい)
(たの)しい(かんが)えかたをすると、(たの)しい行動(こうどう)になる
黄金(おうごん)のルール「自分(じぶん)がしてほしいことを、相手(あいて)にもしよう」
得意(とくい)なことをしよう
自分(じぶん)のことをよく(おも)おう―弱点(じゃくてん)に立ち()かう5つのステップ
失敗(しっぱい)してもだいじょうぶ
・なん()もやってみよう
自分(じぶん)()もちを()ろう
感情(かんじょう)をコントロールしよう―4つのステップ
(いか)りをコントロールしよう
・ほんとうの(とも)だちをえらぼう
・「いやだ」と()ってもいいんだよ―4つの方法(ほうほう)
・こんなふうに(はな)しかけよう―会話(かいわ)のきっかけになる5つのことば
・あたらしいなかまを(つく)ろう―なかまに入れてもらう4つの方法(ほうほう)
相手(あいて)立場(たちば)(かんが)えてみよう
問題(もんだい)解決(かいけつ)するための5つのポイント
妥協(だきょう)して解決(かいけつ)しよう
・からかいをのりこえよう―からかいをとめる4つの方法(ほうほう)
(たす)けが必要(ひつよう)なときもあるよ―6つの場合(ばあい)
ほか


著者紹介
リサ M.シャーブ

認定臨床ソーシャルワーカー。シカゴ郊外でカウンセリングの診療所を開設している。子ども、10代、大人向けのセルフヘルプ本とワークブック12冊の著者。一般向けのセルフヘルプのワークショップや、専門家向けのトレーニング・セミナーも行っている。


訳者紹介
上田勢子

東京生まれ。
1977年、慶應義塾大学文学部社会学科卒業。79年よりアメリカ・カリフォルニア州在住。写真評論などに従事しながら、児童書、一般書の翻訳を数多く手がける。
その他の関連書籍(黎明書房刊)
自閉症スペクトラムの子どものソーシャルスキルを育てるゲームと遊び』レイチェル・バレケット著 上田勢子訳

TOPページ 注文 教育関連情報 会社案内 自費出版のご案内 社員募集 問合せ リンク集