学校教育一般
総合学習・生活科教育
国語教育
算数・数学教育
社会科教育
理科教育
体育教育・スポーツ
美術教育・音楽教育
英語教育
10特別支援教育
11心理・カウンセリング
12幼児教育・家庭教育
13高齢者福祉・看護
14一般書・その他

Tel:052-962-3045
Fax:052-951-8886
eigyo@reimei-shobo.com



サイト内キーワード検索


平成20年学習指導要領対応 生活科の授業づくりと評価


高浦勝義・佐々井利夫/著

定価:本体1800円+税
A5判/183頁
発刊日 2009年2月10日
ISBN番号 ISBN978-4-654-01818-5

生活科の意義と特質、年間指導計画の作成及び単元計画の作成、学習指導の実際的展開、生活科の評価活動の基本設計などについて、新学習指導要領を踏まえ、具体例を交え詳述。2001年刊『生活科の授業づくりと評価』改訂。

こんな方にオススメ
・小学校の先生方。
・生活科に関わる方。
・教職をめざす学生。

目 次
第1章 生活科の意義と特質
 ・教員養成科目としての生活科
 ・生活科の基本的な性格と目標
 ・「総合的な学習の時間」との連続性/他
第2章 指導計画の作成
 ・指導計画の作成と内容の取り扱い
 ・年間指導計画の作成
 ・指導計画の作成
第3章 年間指導計画の作成及び単元計画の作成
 ・年間指導計画の作成
 ・学習活動の展開
第4章 学習指導の実際的展開
 ・単元「2年生の水ぞくかんをひらこう」の実践
 ・単元「おじいちゃん・おばあちゃんと遊ぼう」(第2学年3クラス合同)の実践
 ・単元「なかよしびっくりわくわくパーティーをしよう」(第1学年・第2学年、計4クラス合同)の実践
第5章 学習の評価の工夫
 ・生活科の評価とその課題
 ・評価活動の基本設計
 ・「生きる力」と生活科の評価の観点
 ・生活科の単元指導計画の作成
 ・授業と評価モデルの開発と実践
資料編
 ・教育基本法
 ・学校教育法(抄)
 ・学校教育法施行規則(抄)
 ・小学校学習指導要領(抄) 第1章 総則/第2章 各教科 第5節 生活


著者紹介
高浦勝義・佐々井利夫

●高浦勝義
九州大学大学院博士課程修了。
現在、明星大学人文学部心理・教育学科教授、博士(教育学)。
1984年、日本デューイ学会研究奨励賞受賞。
●佐々井利夫
早稲田大学大学院博士課程満期退学。
現在、明星大学人文学部心理・教育学科教授。
1984年、日本デューイ学会研究奨励賞受賞。
その他の関連書籍(黎明書房刊)
平成20年学習指導要領対応 生活科の理論
『総合学習の理論』高浦勝義編著
『総合学習の理論・実践・評価』高浦勝義著
『学力低下論批判』加藤幸次・高浦勝義編著
『絶対評価とルーブリックの理論と実際』高浦勝義著
TOPページ 注文 教育関連情報 会社案内 自費出版のご案内 社員募集 問合せ リンク集