学校教育一般
総合学習・生活科教育
国語教育
算数・数学教育
社会科教育
理科教育
体育教育・スポーツ
美術教育・音楽教育
英語教育
10特別支援教育
11心理・カウンセリング
12幼児教育・家庭教育
13高齢者福祉・看護
14一般書・その他

Tel:052-962-3045
Fax:052-951-8886
eigyo@reimei-shobo.com



サイト内キーワード検索


学校改革の史的原像
「大正自由教育」の系譜をたどって


中野 光/著

定価:本体8000円+税
A5判/上製/376頁(口絵4頁)
発刊日 2008年9月25日
ISBN番号 ISBN978-4-654-01797-3

毎日文化賞受賞の名著『大正自由教育の研究』を超える、日本の学校改革の本質を歴史的に明らかにした著者渾身の労作。

こんな方にオススメ
・大正自由教育研究家。
・学校改革を志す多くの関係者。

中野光先生は,2008年10月9日付け朝日新聞夕刊に『学校改革の史的原像』に触れながら,「学校改革へ大正自由教育を振り返る」を寄稿されました。
そこで「この(『学校改革の史的原像』)執筆によって,私は中断していた1930年代から戦後にかけての暗い時代における教育界の閉塞状況に思いをはせ,明日への希望を捨てずにいた教師たちがいたこと,そのような教師が戦後の新しい教育に立ち上がって,戦後の教育改革が出発したことを再確認した」と述べられています。そして,『学校改革の史的原像』の執筆が,ほかならぬご自身の「精神的再起にもつながった」と感慨を込めて語られました。一度お読みください。

目 次
序章 学校の未来を歴史の過去から考える
第一章 「東洋の先進国」をめざした日本の教育
 
一節 西園寺公望文相の改革提言
 二節 学校改革への扉を開いた青年教師・樋口勘次郎
 三節 学校の内側からの改革者・棚橋源太郎
 四節 国際的「新教育」との出会い―谷本富を中心にして
第二章 教育現場からはじまった学校改革
 一節 牧口常三郎と郷土科教育
 二節 及川平治と分団式動的教育法
第三章 日本の新学校と新教育論
 一節 日本の田園教育舎・日本済美学校
 二節 中村春二の教育思想と成蹊学園
 三節 帝国小学校と西山哲治
第四章 教育改造を求めた自由教育
 一節 研究学校と研究学級の発足
 二節 千葉師範附属小学校の「自由教育」
 三節 起ち上がった芸術家たち
第五章 自由教育の多様な展開
 一節 改革への動きを創りだした教師たち
 二節 異色の学校創造
 三節 「奈良の学習法」と木下竹次
 四節 ドルトン・プランの盛衰
第六章 逆風の中の自由教育
 一節 教育擁護運動の成功
 二節 「教育の世紀社」と児童の村小学校
 三節 自由教育をめぐる二つの事件
第七章 一九三〇年代、自由教育の閉塞と変質
 一節 成城学園が遭遇した現実
 二節 私立新学校の試練と生き残りへの努力
 三節 国民学校体制と「綜合教育」
終 章 国際的視点からみた日本の学校改革
 一節 日本の学校行事の性格
 二節 学校制度改革への提言―野口援太郎を中心に
 三節 戦後に生きた歴史の遺産
特別論文 陶行知と日本の生活教育運動
研究ノート
特別寄稿


著者紹介
中野 光
1929年生まれ
岡崎高等師範学校、東京文理科大学に学ぶ。
1954年より桐朋学園、金沢大学、和光大学、立教大学、中央大学で教員生活をおくる。
この間、日本生活教育連盟を中心に民間教育研究運動に参加。日本教育学会、教育史学会、教育方法学会等の会員、理事をつとめ、1990年代には日本教師教育学会会長、日本学術会議会員(第16期)、日本生活教育連盟委員長、日中教育研究交流会議代表、日本子どもを守る会会長をつとめる。
2004年、広島大学よりペスタロッチー教育賞を受賞。
その他の関連書籍(黎明書房刊)
大正自由教育の研究』(毎日出版文化賞受賞)
児童の村小学校』中野光・高野源治・川口幸宏著


●この書にこめた願い

一九八〇年代のはじめ、一冊の本がベストセラーになった。出版部数七〇〇万をこえた、という記録はいまも破られていないはずだ。それは黒柳徹子著『窓際のトットちゃん』(講談社)。この本は著者の学園生活がいかに楽しかったか、そして一人一人の個性がいかに大切にされたかをファンタジーのように描いたものである。その「トモヱ学園」の創設理念を探っていくと、大正期に千葉で「自由教育」の旗をかかげ、学校改革運動を推し進めた手塚岸衛に出会うことになる。
しかし今、その学園はない。あのような学園の教育を今創り出すことはできないものだろうか。もしそれが現代にふさわしく可能であるとすれば、どのようにしてその理想を実現したらよいのだろうか。 そんな思いをこめて私は本書をまとめた。       中野 光

●推薦のことば
「閉塞と自由との間を問うために」
大田 堯

今回の著作は、既に毎日出版文化賞を得られた『大正自由教育の研究』(一九六八年)という労作に、更に現代的視点から改筆、加筆されたものと伺っている。不勉強の私だが、この著述を除いて、主として学校教育改革に軸足をおいた、大正自由教育についての精細で総覧的な事実の精査による研究成果を外に知らない。今回の労作は、思わざる視覚障害を前向きに克服され、ご本人以外の同学の士の協力もあり、一層高質な著者の集大成となったと思われる。
大正自由教育は、日露戦争と第二次大戦との間の、外は「脱亜」日本帝国、内に天皇絶体制下の、いわば「閉塞」と「自由」という微妙な時代の所産であろう。その本質を追究すべき課題は、現代における「教育の自由」の模索にも鋭くつながっているはずである。この課題を究めようとするこれからの研究者にとって、中野光さんのこの業績をふまえることは避けられないもの、と私は考える。

「不屈の人ここに」
上田 薫

大正自由教育の理念は、戦後教育の世界にも実は深く鋭くしみている。しかしそれは中野光という人あればこそ、だれにも理解できるということである。私は小学の一年生だけを大津市の女子師範附属で、自由教育の俊英西村久吉先生に受け持ってもらったのだが、そのときの印象の深さは今も忘れがたい。そのせいだとはさすがに言えぬが、私は昔から中野さんという人に惹かれていた。いつか近づくようになって、後に立教大学では研究室をしばらく共にすることさえ起こるのだが、共に老いてからもそうしたかかわりは変わらなかった。生涯を通じての畏友ということである。中野さんがその能力と意力とに秀抜だということはあらためて言うまでもないが、事に対してまことに誠実、しかも偏執が一切ない点はまことに及びがたい。最近の眼の不自由をものともせぬ、精魂こめたこの著作が志ある人の心をうるおし、研究と実践のための得がたき糧となることを祈ってやまない。

「四〇年の研究蓄積」
埼玉大学名誉教授 教育方法史研究者  川合 章

中野光さんはこの度『学校改革の史的原像―「大正自由教育」の系譜をたどって―』を刊行された。
氏が処女作ともいうべき『大正自由教育の研究』(一九六八年、黎明書房)を出版されてから四〇年。この間氏はひき続き大正自由教育の研究をすすめるとともに、教育の理論と歩みについての研究を多面的にすすめて今日にいたっている。
著者四〇年の研究蓄積に立ってまとめられた本書は、日本における大正自由教育研究の頂点に位置づくとともに、著者の言葉通り「学校改革の史的原像」にふさわしいものといえよう。
学校改革を志す多くの関係者の一読を願ってやまない。

「新しい学校を創るために」
和光学園顧問 日本生活教育連盟元委員長 丸木政臣

中野先生は、つねにわれわれの先達として、新しい学校づくりの先頭に立ってこられた。
「学校づくり」はその性格から、新しい道を切り拓くことが求めつづけられてきた。大正自由教育は、明治から今日にいたるまでのあいだに、一時代を画するほどの役割りをになった、といえる。
自由教育と呼ばれる学校改革の運動は、先人たちの大きな尽力によって新しい道を開いた、とはいえそこにはつねに想像をこえる困難があった。
中野先生は、日本の先達がとりくんだ学校改革の苦難の道をあきらかにされ、あわせて未来の学校像を創出する仕事にとりくまれた。
本書の構想の段階から最終案にいたる過程を知り、その行き届いた心配りに感銘を受けた。本書の完成が待たれる。

「今こそ自由教育を」
武蔵野美術大学名誉教授 久保義三

大正自由教育研究における我が国の第一人者である著者が、このたび満を持して本書を出版したことにたいして大きな喜びと期待をいだくものである。
教育をめぐる政治的、社会的雰囲気は、閉塞感を強めつつあり、教育における真の自由が狭められている時、本書の存在価値は極めて高いものがある。現代史において伏流水としての脈々たる伝統に輝く自由教育の成立と展開を多彩に史的分析したのが本書であり、白眉の書である。 戦後教育改革の中核であった新教育の実践を支えたのは、大正期の自由教育の遺産であった。今形骸化し、そして抑圧されている。
それを打破する原動力は、本書に詳述されているデュウイの主張する児童中心主義と生活教育の実践の高度化を、伏流水としてではなく、地上に奔流する大河に転化すること以外に道はないと思うものである。

「旧著との併読が楽しみである」
東京大学名誉教授 民主教育研究所代表 堀尾輝久

名著『大正自由教育の研究』(一九六八年)が教育名著選集に収められたとき、そのまえがきに、中野さんは、この書は絶版にし、改訂新版を出すことを出版社には申し出てあったと書いている。初版から四〇年、大正自由教育の研究をライフワークと定めて研究を続けてこられたその成果が、本書である。
両著の目次を比較すると、旧著には第一章「新教育」の胎動と帝国主義への志向、第二章帝国主義と教授・訓育の改造、第六章国家権力と自由教育、とあるように、日本の帝国主義そしてファシズムへ向かう政治、社会の動向の中に大正自由主義教育を位置づけようとする志向が強い。新著には、このような文言は章題からは消えている。それは、その後の研究が、生存者の貴重なヒアリングを交えて、実践者の授業改革、学校改革へのとりくみに焦点を合わせているからであろう。そこには、子どもと向き合う教師魂への共感と、細部にこだわる語りべとしての中野さんの本領が発揮されているに違いない。両者の併読が楽しみである。

TOPページ 注文 教育関連情報 会社案内 自費出版のご案内 社員募集 問合せ リンク集