学校教育一般
総合学習・生活科教育
国語教育
算数・数学教育
社会科教育
理科教育
体育教育・スポーツ
美術教育・音楽教育
英語教育
10特別支援教育
11心理・カウンセリング
12幼児教育・家庭教育
13高齢者福祉・看護
14一般書・その他

Tel:052-962-3045
Fax:052-951-8886
eigyo@reimei-shobo.com



サイト内キーワード検索


RP法(ロマン・プロセス・アプローチ)で特別支援教育の授業を効果的に高める


太田正己/編著

定価:本体1900円+税
A5判/128頁
発刊日 2010年5月10日
ISBN番号 978-4-654-01842-0

授業を改善し、授業力を向上させ、同僚性を構築する授業研究の方法として開発された編著者独自の画期的授業研究法、RP法(ロマン・プロセス・アプローチ)による、特別支援学校(学級)での授業改善の取り組みを紹介。

こんな方にオススメ
・特別支援学校(学級)の先生方。
・特別支援教育研究者。

目 次
1 効果的な授業をつくるためのRP法の手続き
2 授業案の組み合わせを大切にしたRP法の取り組み
3 APDCAサイクルとRP法による授業改善
4 「学び方」の観点や授業評価の観点を活用したRP法に基づく授業づくり
5 RP法を活用した初任教員指導
6 RP法活用による授業参観のポイントづくり
7 RP法を中心にした授業の改善と協働性の高まり
8 RP法を活用した通常学級の授業改善のコンサルテーション―特別支援コーディネーターの視点から
9 授業づくり・自己研修とRP法
10 大学での講義へのRP法の活用―学生の実践力の形成
11 RP法と授業研究


著者紹介
太田正己
1953年生まれ。
現在、千葉大学教育学部教授。京都教育大学名誉教授。博士(学校教育学)。元京都教育大学附属養護学校長。中央教育審議会専門委員(特別支援教育)。専門は障害児教育方法。
その他の関連書籍(黎明書房刊)
特別支援教育の授業研究法―ロマン・プロセス法詳説』太田正己著
大学・高校のLD・AD/HD・高機能自閉症の支援のためのヒント集』太田正己・小谷裕実著
授業案作成と授業実践に役立つ特別支援学校の授業づくり基本用語集』太田正己著
『特別支援教育のための授業力を高める方法』太田正己著
『名言と名句に学ぶ障害児の教育と学級づくり・授業づくり』太田正己著
『障害児のための個別の指導計画・授業案・授業実践の方法』太田正己編著
『障害児と共につくる楽しい学級活動』太田正己編著
『障害児のための授業づくりの技法』太田正己編著
『特別支援教育の授業づくり46のポイント』 太田正己著
TOPページ 注文 教育関連情報 会社案内 自費出版のご案内 社員募集 問合せ リンク集