学校教育一般
総合学習・生活科教育
国語教育
算数・数学教育
社会科教育
理科教育
体育教育・スポーツ
美術教育・音楽教育
英語教育
10特別支援教育
11心理・カウンセリング
12幼児教育・家庭教育
13高齢者福祉・看護
14一般書・その他

Tel:052-962-3045
Fax:052-951-8886
eigyo@reimei-shobo.com



サイト内キーワード検索


中学生が書いた消えた村の記憶と記録
日本の過疎と廃村の研究



堀 真一郎/監修
かつやま子どもの村中学校子どもの村アカデミー/著


定価:本体2200円+税
A5判/176頁
発刊日 2014年10月10日
ISBN番号 ISBN978-4-654-01907-6

学校のすぐそばに消えた集落があることに興味をもった中学生が、県内・県外の消えた集落のくらしを現地におもむいて調べ、集落が消えた理由を明らかにする。日本の将来をも見すえた中学生たちの研究に学ぶことは多い。

こんな方にオススメ
・日本の過疎問題に興味のある方。
・中学生の地域研究に関心のある先生方。
・地域と学校のあり方に関心のある方。
・世界一自由な学校「きのくに子どもの村学園」の教育に興味のある方。

目 次
変わった学校の変わったクラスの大きな仕事
はじめに
 ・子どもの村アカデミーとはこんなクラスです
 ・かつやま子どもの村小・中学校とはこんな学校です
第一章 中野俣の人とくらし−福井県勝山市−
 1 中野俣集落のくらし
   ・村の環境と人口の変化
   ・栄えていた時代の産業 /他
 2 中野俣が消えた理由
   ・山奥ならではの生活
   ・自然災害
 3 過疎
   ・過疎とは何か
   ・高度経済成長 /他
 4 中野俣について考える
   ・過疎化を止めるには
   ・村の問題とさまざまな立場 /他
第二章 横倉の人とくらし−福井県勝山市−
 1 横倉の栄えた頃
   ・栄えた時代の仕事や生活
   ・学校と子どもたちのようす /他
 2 村がなくなった原因
   ・村から人がいなくなる
   ・雪崩を体験した人のことば /他
 3 その後の横倉
   ・慰霊碑と神社
   ・村が消えても交流する住民たち
 4 横倉について考える
第三章 西谷村の人とくらし−福井県大野郡−
 1 西谷村の集落
 2 くらし
   ・町と村をつなぐ道
   ・民家からはじまった学校 /他
 3 廃村
   ・村を去っていく人たち
   ・ダム建設 /他
 4 その後
   ・石にしてのこした村への思い
   ・帰りたくなるふるさと
 5 西谷村について考える
第四章 日本各地の消えた村
 1 徳山村の人とくらし(岐阜県揖斐郡)
 2 脇ヶ畑村の人とくらし(滋賀県犬上郡)
 3 東ノ川の人とくらし(奈良県吉野郡)
 4 廃村になった村の共通点と相違点
第五章 私たちが考える消えた村
 1 村が消える原因
   ・自然災害
   ・ダム建設 /他
 2 村はのこすべきか
   ・豊かな山や林が減る
   ・村をのこす必要はないという意見 /他
 3 過疎化は止められるのか
   ・過疎化を止めるとりくみ
   ・行政による過疎対策 /他
 4 結論−消える村から何を学ぶか−
参考文献一覧


監修者紹介
堀 真一郎

1943年福井県生まれ。
1992年大阪市立大学在職中に、学校法人きのくに子どもの村学園を、和歌山県橋本市に設立。1994年に大阪市立大学を退職し、きのくに子どもの村学園の学園長に専念し、現在に至る。
その他の関連書籍(黎明書房刊)
きのくに子どもの村の教育
問題の子ども』(新版ニイル選集@)
問題の親』(新版ニイル選集A)
恐るべき学校』(新版ニイル選集B)
問題の教師』(新版ニイル選集C)
自由な子ども』(新版ニイル選集D)
増補・自由学校の設計』 (品切れ)
山の村から世界がみえる』堀 真一郎監修 きのくに子どもの村中学校わらじ組著 
『ニイルと自由な子どもたち』
『教育の名言』堀 真一郎・滝内大三編



著者紹介
かつやま子どもの村中学校子どもの村アカデミー

1998年、福井県勝山市の誘致をうけて「学校法人きのくに子どもの村学園・かつやま子どもの村小学校」をスタートし、2001年に中学校を併設。子どもの村アカデミーは、中学生が自分たちで、活動のテーマを考えてとりくむクラス。いわゆる担任はいない。
http://www.kinokuni.ac.jp/katsuyama/

TOPページ 注文 教育関連情報 会社案内 自費出版のご案内 社員募集 問合せ リンク集