学校教育一般
総合学習・生活科教育
国語教育
算数・数学教育
社会科教育
理科教育
体育教育・スポーツ
美術教育・音楽教育
英語教育
10特別支援教育
11心理・カウンセリング
12幼児教育・家庭教育
13高齢者福祉・看護
14一般書・その他

Tel:052-962-3045
Fax:052-951-8886
eigyo@reimei-shobo.com



サイト内キーワード検索


誰でもうまくいく! 普段の楽しい社会科授業のつくり方


長瀬拓也/著

定価:本体1600円+税
四六判/152頁
発刊日 2012年1月10日
ISBN番号 ISBN978-4-654-01867-3

研究授業のように時間をかけて特別な準備をしなくても、限られた時間の中で、子どもたちが楽しく、興味をもって学習に取り組める授業を構想し、つくる方法を、小学校社会科の実践例をもとに詳述。多忙な若い先生方必読!

こんな方にオススメ
・普段の授業を面白くしたいと願っている小学校の先生方。
・社会科が苦手な小学校の先生方。

目 次
第1章 おもしろくない授業をおもしろく
 ・普段の授業に戦略を立てる
 ・つまんない教科を変えたい
 ・社会科の三つの楽しさ
 ・普段の授業で楽しくするには
 /他
第2章 授業びらきに全力投入を
 ・授業びらきはただのスタートではない
 ・授業びらきはストーリーを創る
 ・授業びらきで必要なことは「笑い」
 ・ルールにこだわり、あきらめず
第3章 流れと課題で授業をつくる
 ・授業の流れが安定を生む
 ・課題づくりで大切にしたいこと
 ・課題づくりの技
 ・長岡文雄先生から学んだこと
第4章 資料とノートで授業をより楽しく
 ・資料の基本はまず教科書
 ・写真、具体物は優しい資料
 ・人物で迫ると効果的
 ・考えと記録を残すノートづくり
 /他
第5章 普段の授業に小さな工夫の積み重ねを
 ・ちょっとの活動の工夫で楽しくなる
 ・先生の表情や動きも重要
 ・ゲストティーチヤーを呼ぼう!
 ・学級通信で伝えよう
 /他
第6章 さらに授業を楽しくするために
 ・目指したい人から学ぶ
 ・社会科とは何かを考える
 ・とにかく、子ども達が汗をかく授業を
 ・まず、教師が楽しもう
 /他


著者紹介
長瀬拓也

1981年岐阜県生まれ。
佛教大学教育学部卒業。
横浜市立小学校教諭、岐阜県公立小学校教諭を経て、現在、岐阜県公立中学校教諭。
高校生の時、中学校教員だった父親が白血病で他界し、教師になることを決意する。2004年に日本児童教育振興財団主催『第40回わたしの教育実践 新採・新人賞』を受賞。 教育サークル「未来の扉」代表代行、メールマガジン「学びのしかけプロジェクト」副編集長を務める。ブログ:http://smile58.exblog.jp/
その他の関連書籍(黎明書房刊)
失敗・苦労を成功に変える教師のための成長術
教師のための時間術
教師のための整理術

TOPページ 注文 教育関連情報 会社案内 自費出版のご案内 社員募集 問合せ リンク集